モンドセレクション2016金賞受賞という快挙を成し遂げたアイキララですが、なぜアイキララで目元のクマ解消が可能なのでしょうか?
もちろん、クマ解消専用に開発された商品なので、当たり前といえば当たり前なのですが・・・クマが出来るメカニズムがわからないと納得がいかないですよね!

今回は、なぜアイキララがクマ解消に良いのかを、クマのメカニズムと一緒にご紹介させていただきたいと思います。

まず、クマが出来るメカニズムですが、以下のようになっています。

一つ目は以前も記事でご紹介した通り、パソコンやスマートフォンの多様により、血行不良が起こり、出来てしまうクマです。
このクマを一般的に青クマと呼んでいます。
このクマは生活習慣を整えたりすることで解消はされるのですが、完全に解消するには、やはり日頃のスキンケアが大切になってきます。

二つ目は皮膚痩せによる茶クマです。
皮膚痩せするとなぜクマが出来てしまうのか?
皮膚痩せというのは、目の下の皮膚内部のコラーゲンが減少し、保たれていたハリ感やふっくら感が失われることを指します。
今出てきた「コラーゲン」というのがキーパーソンになってくるのですが、コラーゲンが減少すると、保たれていた栄養が流出してしまい、皮膚が痩せてしまうというのが要因になるのです。

そして、皮膚は痩せると薄くなり、内側の影を作りやすくなります。
つまり、皮膚の色素が透けるということです。
色素が透けるということは、ほぼ生身の皮膚を見ていることになるため、クマとなって現れれるのです。

はい、ここでアイキララが活躍します。
アイキララが特に効果を発揮するのは後者が原因のクマです。
年齢を重ねると皮膚は衰えます。
ターンオーバーなども促しづらくなります。
ここで、アイキララを使用するとコンシーラーなどで隠すような表面上だけのクマ解消ではなく、内側からのアプローチによる根本的なクマ解消が出来るというわけです。

従来のアイクリームでは駄目なのか?という方もいらっしゃるかと思いますが、本当に目元専用のクリームであれば問題はないかと思います。
しかし、従来のもので満足できなかった方は、この機会にアイキララを使用してみてもいいかもしれません。

アイキララには、MGAというコラーゲンをサポートするビタミンC誘導体の一種が配合されており、この成分が加齢で失われていたハリと弾力を取り戻してくれるのです。
このMGAという成分が配合されているアイクリームがまだ少ないため、従来のアイクリームでは満足に効果を得られなかった方も多いのだと思います。

本気でクマ解消したい!という方は、アイキララの公式サイトを覗いてみてください。
そして、自分の目で成分などを確かめてみてください。
MGAを検索かけるのもいいかもしれません。

筆者は大好きなブランドのアイクリームで効果を得ることが出来ず、やむを得ずにアイキララを使用しましたが、これが今では愛用者の一人になってしまっています(笑)

⇒アイキララの公式サイトはこちら