青クマで悩んでいる方で、どうしてもスキンケア商品でなかなかいいものに巡り合えなかったり、スキンケアが三日坊主で終わってしまったりする方も多いと思います。

そんな方は、マッサージなんかはいかがでしょうか?

今回は青クマに効果が期待できるマッサージ方法をご紹介します。
その名も「血行促進マッサージ」!

マッサージの行い方はとても簡単です。
まず、両手の薬指に十分なクリームを取り、優しく目の周りを押さえていきます。
優しくというのがポイントになりますので、力いっぱいやらないように注意してください。
この工程を2回~3回ほど繰り返します。

次に指圧でのマッサージ方法です。
指圧といっても、こちらも優しく、そしてゆっくりと行うのがポイントです。
した瞼の黒目から親指1本分下の位置に「四白」というツボがあるのをご存知でしょうか?
そちらのツボを指の腹を利用してゆっくりと垂直に押します。
左右同時に5秒ずつゆっくりと押し、ゆっくりと離します。
この工程を5回ほど繰り返します。
このとき、強く擦ったり、皮膚を下へ押し下げることはやめましょう。
このツボを押すことで、顔全体の血行が良くなり、目の下の滞った血行も良くなることでクマの改善につながります。

・・・なんだか北〇の拳の経絡秘孔の説明をしているような感覚ですが、本当にこれは効果が出ますのでぜひ。

また、マッサージとは少々異なりますが、とりあえずの一時的ケアもおすすめのものがあります。
目の下のクマをとりあえず一時的に改善したい!という方もいらっしゃいますよね?
例えば、近々プレゼンがあるため、顔の印象を上げておきたいなどといった悩みですね。

こういった方は、温冷タオルでのケアです。
ただ、この対策は根本的な対策ではないことを覚えておいてください。

ハンドタオルを水で濡らし、絞り、電子レンジで温めます。
目安は大体30秒~1分ほどです。
温度としては集めのお風呂くらいがベストです。
そのため、41~42度ほどの温度が適温かと思います。

一方冷たいタオルは冷水で濡らして絞ります。

いよいよ実践です。
まずはホットタオルを30秒ほど置きます。
そのあと冷タオルに切り替えるのですが、冷タオルも30秒ほど置きます。
この工程を3回ほど繰り返します。
するとあら不思議、青クマさんが一時的にさよならしてくれるのです。
最後は必ず冷たいタオルで終えるというのがポイントになりますので、随所のポイントを押さえてぜひ試してみてください。

最後に・・・
こちらもマッサージとはあまり関係はないのですが、バランスのいい食生活が血行促進を促します。
血液をサラサラにしてくれる葉酸、血行を促す栄養素はビタミンE・鉄分、鉄分の吸収をサポートするのにビタミンCも欠かせません。

これらすべてを摂取できるのにお勧めなのは青汁です。
青汁が苦手な方は牛乳とはちみつを混ぜて飲むのもいいかもしれません。

マッサージや他の方法も駆使して、青クマとさよならしちゃいましょう!