皆さんはクマには種類があることをご存知でしょうか?
そして、現在自分が抱えているクマの種類はどちらなのか、お分かりでしょうか?

今回は、クマの種類と見分け方についてご紹介していきたいと思いますので、ぜひ今後自分のクマを見るときの参考にしてみてください!

●クマの種類●
クマの種類は大きく分けて3種類あります。
一つは青クマ、もう一つは茶クマ、そして黒クマです。

□青クマの特徴□
青クマの特徴は血行不良が原因で起こるという点です。
目元の皮膚というのは薄さゆえに血行が悪くなりがちなのですが、これが睡眠不足やストレスなどを抱えると余計に血行が悪くなってしまい、目元が青黒くなってしまうのです。
これが青クマの特徴です。

◎青クマの解消の仕方◎
目の周りの血行を良くすることが大前提です。
そのため、蒸しタオルなどで目の周りを温めたり、強めに瞬きをすることで血行の促進につながります。
ツボや指圧なども効果的なので、とにかく血行を良くすることを心がけましょう。

□茶クマの特徴□
茶クマの原因は大きく分けて2つあります。
一つは目をこするなどの皮膚への刺激です。
目元の皮膚は他の部位の皮膚に比べて大変デリケートな構造になっているため、ちょっとした刺激も色素沈着の原因となってしまいます。
二つ目はクレンジングがしっかりできておらずに、化粧が残った状態のままで紫外線にさらされてしまうことです。
これもまた色素沈着の原因となるため、絶対にタブーです。

◎茶クマの解消の仕方◎
目をこする癖を直すことです(笑)
これは絶対の条件と言えます。
クレンジングは、目元専用のリムーバーを使用してしっかりと化粧を落としてあげることで、色素沈着を免れることが出来ます。
ちなみに、洗顔後の保湿も大切なので、しっかりと保湿をしてあげることもお忘れなく!

□黒クマの特徴□
した瞼のたるみが原因でできるクマのことです。
実際にはクマではなく、たるみの影がクマに見えることから影クマと呼ばれることもあります。

◎黒クマの解消の仕方◎
これに関しては、年齢を重ねると仕方のないことなので、保湿を心がけることと、むくみに出来るだけ気を付けることです。
新陳代謝が低下しているとむくみやすくなりますので、代謝を上げることもいいかもしれません。

さて、ここまではクマの種類をご紹介してきましたが、見分け方がわからない方が多いと思います。
見分け方はとてもシンプルで簡単です。

・目じりを軽く横に引っ張ります。
・皮膚を引っ張った際に、クマが一緒に移動しなければ青クマです。
・皮膚を引っ張ってクマが一緒に移動をすれば茶クマです。
・皮膚を引っ張ってクマが消えたら黒クマです。

いかがでしょうか?
いたってシンプルですよね?
皆さんも、これは鏡に向かって今からでもできますので、自分のクマさんが何クマなのか知りたい方は、ぜひやってみてください!
そして、正しいスキンケアや解消法を実践してみてください。
そうすることでクマは解消されていきます。