目元の青クマを打破したい!
そんな方は現代社会少なくありません。
現代社会は、社会を批判するわけではありませんが、ブラックな企業が大変多いです。
そのため、ストレスや睡眠不足は当たり前のような環境になりつつあります。

そこで!
青クマの対策について調べてみました。
今までご紹介してきた記事と多少ダブってしまう部分もあるかと思いますが、ご覧いただけたら幸いです。

青クマの対策は一番効果が期待できるのは、実はスキンケアよりも生活習慣なんです。
規則正しい生活習慣が大切になるわけですが、その中でも特に大切なことをご紹介していきます。

①定期的に身体をほぐすこと
筆者のようにデスクワークなどで凝り固まった体を、意識して途中で休憩を取りながらストレッチを取り入れたりするといいです。
実際に筆者も腰が割と痛くなりがちなので、ストレッチは欠かさずに行っています。
それはもう猫のように。
これが対策の一つ目になります。

②目を適度に休ませてあげる
例えば極端な話になりますが、1時間作業をしたら5分の休憩を取ったりするとだいぶ違います。
しかし、1時間でひと段落するとは限らないので、1時間とは言わずひと段落してから10分の休憩でもいいでしょう。
また、このとき、2~3秒目を閉じてそのあとに何度か目をぱちぱちと瞬きをさせることを繰り返すことが目を休めることになるんです。
これは意外だったのではないでしょうか?

③王道と言ってしまえばそれまでですが・・・体を温めること
季節を問わず、身体を温めることはとても大切で、青クマの対策には欠かせないものになります。
夏場でも冷房の効いている部屋にいると寒く感じたりすることもあります。
そういうときは1枚カーディガンのような肌着があるといいですね。
また、プールなどで泳ぐと、必ず上がった後は身体が冷えます。
そのため、サウナで体を十分に温めてから再度泳ぐというのも大切です。
これは子供にも使える方法なので、生まれつき青クマがあるわ、この子というお子様をお持ちの方は、ぜひ実践してみてください。
また、お風呂に関してですが、シャワーで終わらせるのではなく、できるだけお風呂につかるようにしてください。

④鉄分を摂る
はい、これは筆者が一番嫌いな対策です。
鉄分ほど嫌いなものはありません(笑)
しかし、鉄分というのは青クマにとってはとても大切な対策方法になります。
鉄分の多く含まれている食材を挙げますと・・・
・レバー
・ひじき
・あさり
・はまぐり
・納豆
・うなぎ
などが挙げられますが、筆者はレバーとうなぎは大嫌いです(笑)
そのため、ひじきやあさり、納豆などで補っています。

皆さんもまずは生活習慣を見直し、その上で皮膚痩せが原因かも?と思ってきたらアイクリームで対策を取るのもOKです。
ただし、アイクリームも選び方を失敗してしまうと、効果を得られず費用が無駄になってしまうので、じっくりと商品は品定めするように心がけてくださいね!