血行不良が原因の青クマさん。
ましてや年齢を重ねると目元の皮膚が薄くなってきて、より青クマさんが目立ってしまう・・・。
こんな悩みを抱えている方は、早急にでも治し方を知りたいのではないでしょうか?

青クマの原因は再三申し上げてきましたが、以下の通りです。

・ストレス
・睡眠不足
・疲労
・眼精疲労
・コリなどの血行不良
・眼輪筋の筋力低下
・ドライアイ
・喫煙

ストレスを解消するための喫煙は、実は青クマを作ってしまう要因となっているんですね。

そこで、青クマを治すには、まずはできることから始めましょう。
休日は睡眠不足を解消する絶好のチャンスです。
休日はたっぷり寝ましょう!(笑)
コリは結局のところ血行不良なので、温めましょう。
眼輪筋の筋力低下は目の運動をしましょう。

目の運動については、強めの瞬きをしてみたり、左右の人差し指を手前と奥に差出し、それぞれを交互に見るなど、目を活発に運動させることです。
ちなみに、この運動は視力が落ちている方の視力回復にもつながります。
一石二鳥です。

また、スキンケアでは、炭酸パックなどを行うと血行促進してくれます。
炭酸パックって、現在とても人気のある商品なんですよね。
あとは身体を冷やさないことが一番大切なことなので、身体は常に温めておくようにしましょう。

ここで蛇足ですが、こんな方はいませんでしょうか?
暑いと思ってタンクトップでいるのに、腕は冷たく、脇汗が大量に出る方です。
これは、身体が冷えている証拠です(笑)
暑くも何ともありません(笑)
上手く体温調節することはとても難しいことですが、これが実はとても重要です。

また、食べ物で体を温めることも効果が期待できますので、とにかく血行促進に重点を置きましょう。

次に行えることは、コリをほぐすことです。
コリをほぐすといえば、お子様がいる家庭であれば、肩たたき券なんかを母の日や父の日に作ってくれる優しいお子様もいらっしゃると思いますので、大いに活用してください(笑)

ドライアイでの青クマに関しては、目薬の点眼を適度に行ってください。
また、目薬の種類は絶対にドライアイ専用のもので行いましょう。
仕事をしている方などはドライアイの感覚が何となくわかるかと思いますので、ここが一番治し方の中では簡単かもしれません。

次に眼精疲労ですが、これはドライアイとはまた違いますね。
眼精疲労は目を休めることを覚えましょう。
目を休めることを癖付けすると、解消されてきます。

さて、いよいよ一番難しい喫煙です。
喫煙はよくないとわかっていながらも、ついしてしまうものです。
それはストレスが溜まるからですよね。
しかし、現在、たばこが1000円になるかもしれないという一大事を迎えています。
さぁ、皆さん、たばこをやめるチャンスです!(笑)

値上がりが良いのか悪いのかわかりませんが、たばこは本当にあらゆる弊害をもたらすので、筆者もやめることをお勧めします。
ストレスを解消したければチュッパチャプスなどをくわえておきましょう(笑)

以上が、青クマの治し方になりますので、ぜひ参考にしてみてください。